【東京都】樹木葬と永代供養の違いとは?費用の違いも比較しよう

樹木葬をご存知でしょうか?樹木葬とは墓石ではなく樹木や花を墓標にするもので、「死後は土に還る」という考えから東京都でも人気を集めています。樹木葬をお考えの方の多くが気になるのが、樹木葬と永代供養の違いについてです。

こちらでは、樹木葬と永代供養の違いと、特に気になる費用について比較しています。樹木葬をお考えの方はぜひ参考にしてください。

樹木葬と永代供養の違い 東京都などの都市部だからこそ人気の樹木葬

青空と供花

近年耳にすることが多くなった樹木葬と永代供養には、どのような違いがあるのでしょうか?

永代供養

永代供養とは、故人の供養をお寺や霊園などが永代にわたって行うことです。個人が管理する先祖代々続くお墓とは異なり、お墓の継承者がいなくなった場合でも、お寺や霊園などが永代にわたって供養を行うため安心です。永代供養墓の種類は合祀墓や集合墓、個人墓や夫婦墓など様々で、東京都などの都市部ではロッカー型や仏壇型などのお墓もあります。

毎年お彼岸やお盆には法要を行い、17回忌や33回忌などの節目の後には合祀されるのが一般的です。

樹木葬

樹木葬とはその名の通り、樹木や花を墓標にして遺骨を埋葬するものです。樹木葬も永代供養の1つで、お寺や霊園などが永代にわたって供養を行います。地方では自然を活かした里山型の墓地が多く、自然の少ない東京都などの都市部では霊園型の墓地がほとんどです。

樹木葬のお墓にも、合祀型や集合型、個別型や夫婦型などの種類があります。自然の少ない都市部では「死んだあとぐらいは自然に囲まれたい」と考える方が多く、東京都でも人気急上昇中の埋葬方法です。

樹木葬の費用の違い 合祀型・集合型・個別型の樹木葬の費用を比較

シンボルツリーとお墓

樹木葬と一口にいっても様々な種類があり、費用も異なります。それぞれの種類を比較して、自分のスタイルに合う樹木葬を選びましょう。

合祀型

樹木葬の合祀型とは、シンボルツリーと呼ばれる大きな樹木の下に、他の遺骨と一緒に埋葬するものです。スペースも少なく個別に樹木を購入・管理する必要がないため、最も費用を抑えることができます。費用の目安としては、約5万円~20万円が一般的です。

集合型

集合型も合祀型と同じようにシンボルツリーと呼ばれる大きな樹木の下に埋葬しますが、埋葬する場所が区画整理されているので、他の遺骨と一緒になることがありません。「カロート」と呼ばれる納骨室には、個人・家族・夫婦で入ることができます。費用は約15万円~60万円です。

個別型

個別型とは、個別で用意した樹木の下に遺骨を埋葬することです。墓標を好きな樹木にする以外にも、墓石の周りに好きな花を植えるガーデニング墓や、墓石の代わりにプレート墓石を取り入れたプレート墓などもあります。墓標となる樹木・墓石・プレート墓石の他、個別の納骨スペースが必要なため、費用は合祀型や集合型と比較して高くなります。一人あたり約20万円~120万円が相場です。

東京都で樹木葬をお考えなら、根津駅徒歩8分とアクセス抜群の谷中浄苑樹木葬墓地へお越しください。谷中浄苑樹木葬墓地は400年の法統を継ぐ蓮華寺内にあり、蓮華寺が永代にわたって供養を行います。樹木葬が気になる方は、まずは見学のご予約からお願いいたします。

東京都で樹木葬をお考えなら谷中浄苑樹木葬墓地へ

東京都で樹木葬をお考えなら、自然豊かな木々と花に囲まれた谷中浄苑樹木葬墓地へお越しください。谷中浄苑樹木葬墓地では、春と秋のお彼岸やお盆に法要を行う手厚い供養で、安心してお眠りいただけます。

樹木葬の詳しい資料もご用意しておりますので、まずはお気軽に資料をご請求ください。

東京都で樹木葬をご希望なら谷中浄苑樹木葬墓地へ

サイト名
谷中浄苑樹木葬墓地
(蓮華寺(れんげじ)内)
住所 〒110-0001 東京都台東区谷中4丁目3−1 Googleマップで開く
TEL 0120-91-8301
URL http://jyumokusou-yanaka.com/
受付時間 10:00~17:00
アクセス
電車でお越しの場合
東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口 徒歩8分
JR「日暮里駅」南口 徒歩13分
東京メトロ千代田線「千駄木駅」1番出口 徒歩9分
バスでお越しの場合
台東区循環バス「めぐりん」バス停「旧吉田屋酒店」徒歩5分
都営バス「上26」上野公園⇔亀戸駅前 バス停「谷中」徒歩5分
お車でお越しの方
無料駐車場がございます。